« チェンソーの反発力 | メイン | エコマチックガイドバー »

2005年11月08日

●典型的なチェンのダメージやその原因


1.カッター刃の後部表面とタイストラップの下側が主に磨耗している
原因:横刃目立角度が適正でない(ゆるすぎる)、チェンが緩い、デプスゲージが低い。
予防:カッター刃を正しく目立て、チェンを正しく張る。
 

2.タイストラップの磨耗が激しい
原因:チェンの過度な張り、デプスゲージが高い、横刃目立角度が適正でないためにガイドバーに高い力がかかる。
予防:カッター刃を正しく目立て、チェンを正しく張る。


3.カッター刃の後部リベット穴とタイストラップ後部リベット穴のひび割れ
原因:横刃目立角度が適正でない、その結果 切断の際に高い圧力がかかる。
予防:カッター刃を正しく目立て、チェンを正しく張る。


4.ガイドバーの最後部の溝が傷んでいる、あるいはスプロケットノーズの下側の溝が損傷している;チェンがスムースに動かない、磨耗が激しい。
原因:長期間のチェンの緩み。
予防:定期的にチェンの張りを調整する。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://h-machine.jp/mt/mt-tb.cgi/332

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)



CopyRight 1997 All rights reserved by