« チェンソーの資格 | メイン | キックバックの危険を低減するには »

2005年12月18日

●燃料の混合

2サイクルエンジン、STIL 4MIXエンジンでは、

ガソリンとエンジン用オイルの混合燃料が必要です。

これらのエンジンは潤滑油がエンジン内部にないため

潤滑油は燃料に載せてキャブレターより吸い込ませ

クランクシャフト、ピストンシリンダー等を潤滑、燃焼してマフラーより

排出されます。

燃料の混合比はエンジンによって決まっているわけではありません。

2ストローク用エンジンオイルで混合比は決まります。

高性能の2ストローク用エンジンオイルは薄い混合比で高出力、高耐久性

が得られます。

潤滑後の燃焼時に潤滑油はカーボンスラッジとしてエンジン、環境へ

悪影響をあたえます。

エンジンは仮に、STIHL MS200ですと14,000rpm

1秒間に230回、回転しています。

このうちの1回にカーボンスラッジが噛み込んでも重大な損傷となります。

極力、高性能の2ストローク用エンジンオイルを使用する事をお勧めします。

mix.gif

50:1のエンジンオイルですと、

1 2ストローク用エンジンオイル 1に対し
2 自動車用無鉛ガソリン 50の割合で混合してください。

混合燃料はその都度使い切る量で行うことが大事です、

時間と共にガソリンと化合していくからです

時間の経過した混合燃料は正常な潤滑は得られません。

現在の2サイクルエンジンのオートバイや自動車は

エンジンに吸入時に混合される分離給油方式になっています

ガソリンスタンドで販売されている2サイクルエンジン用オイルは

これらを対象にしていますので、オイルの比重とガソリンの比重が

異なるためすぐに分離しますので十分に注意してください。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://h-machine.jp/mt/mt-tb.cgi/666

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)



CopyRight 1997 All rights reserved by